家賃と立地が決め手?賃貸オフィス選びのポイントを把握しよう!

オフィス物件は広さと利便性で家賃が決まる

賃貸物件の家賃は基本的に地価や築年数に影響されますが、オフィス物件はそれに部屋の広さや利便性も関わってきます。オフィス物件は営業所や簡易的な作業場など仕事の場として用いられることから、部屋が広く柱や壁などの遮蔽物が少ない間取りが好まれます。また、交通の便や近隣の環境は物件の利便性を大きく左右することから、行き来がしやすく駐車場や小売店が近くにある物件は家賃が高額化しやすいのです。雑居ビルにある物件よりも一つの建物として独立した物件の方が割高な家賃になっているケースも多いですが、これは雑居ビルの物件よりも利便性が高いためです。

来客に対応する仕事は駐車スペースの確保が重要

来客への対応が必要になる業務を行うために賃貸オフィスを利用する場合、近隣の駐車スペースを確保することも物件選びのポイントになります。駐車場が付随している物件を選ぶのが最善ですが、すべての物件が必ずしも駐車場を持っているとは限りません。特に都市部の物件は敷地が狭いため、駐車スペースを別に用意する必要に迫られるケースが少なくありません。駐車スペースを確保する場合、オフィス物件との距離が重要な選択肢になります。複数台分のスペースが確保できても距離が遠すぎると不便です。一方で目と鼻の先に位置する駐車スペースでも駐車できる台数が少ないとすぐに埋まってしまい、駐車ができないおそれがあります。駐車スペースとの距離や広さも考慮するのが賃貸オフィスの上手な選び方と言えるでしょう。複数の物件を比較するのが失敗しないコツになります。

港区で賃貸事務所を契約する際、事務所の広さや設備を確認します。個室レンタルの場合はトイレや給湯設備は共同使用なのか、利用時の費用は発生するのか確認します。倉庫や駐車場を完備している事務所もあります。