収納と間取りが与える影響とは!?便利な生活を実現するために


収納と間取りで住みやすさが決まる

快適に暮らすためには、収納と間取りを考慮した賃貸住宅選びがポイントになります。これらは住みやすさに直結するため、収納スペースが十分にあること、動線が良好で動きやすいこと、などは特に重視してください。収納スペースが不足している、適切な場所に収納がない、といった物件では部屋が散らかりやすいです。間取りに関しては動線を考え、家事をするときに不便はないか、室内をスムーズに移動できるか、などを考えてみましょう。例えばスペースに余裕がないと通路も狭くなり、誰かがキッチンに立っていると、その横を通り抜けられないなどの問題が発生しがちです。間取り図のチェックをするときは、家族全員がそれぞれ室内をどのように移動するかシミュレーションしておく必要があります。

シンプルな間取りにすれば暮らしやすくなる

便利で暮らしやすい賃貸住宅を探すコツは、間取りがシンプルな物件を選ぶことです。間取りが複雑だと動線が悪化し、室内を移動するときにムダな動きが生じてしまいます。すると家事の効率が低下する、出勤前の準備により多くの時間を要するなど、さまざまな問題が発生してくるわけです。シンプルな間取りのメリットには、掃除や片付けが楽になることもあります。特に居住人数が多い家庭ほど、間取りはシンプルを意識してください。一般的に不規則な形状の物件は、デッドスペースが生まれやすい、動線が悪くなりやすい、などの特徴があります。逆に正方形の物件は、デッドスペースが生まれにくく、動線がよくなる傾向があります。

江別の賃貸一戸建て物件には、駐車場を2台以上完備しているものがあります。自動車を複数台所有している場合でも、江別で物件を見つけることが出来ます。