賃貸オフィスを探している方は必見!賃貸オフィスのメリット・デメリットなどを紹介


初期費用が安く済むなどのメリットがある

賃貸オフィスのメリットとして挙げられるのが、初期費用が安く済むという点です。特に会社を設立するとなると、コピー機などのOA機器や机やイスといった事務用品などの備品を買いそろえる費用が必要となります。またホームページや名刺の作成など広告に関する費用もかかってきます。しかし、賃貸オフィスは必要最低限の備品は最初からそろっている事が多いため、所有するよりも費用が抑えられます。さらに会社の規模が大きくなっても賃貸オフィスであれば、移転や拡張が容易に可能です。他にも賃貸オフィスの場合は、管理業務を管理会社が行ってくれるケースが多い事から、その分事務処理負担の軽減が期待できる点もメリットの一つと言えるでしょう。

賃貸オフィスのデメリット及び選ぶ際のポイント

賃貸オフィスの場合、家賃という固定費がかかってくる点がデメリットと言えるでしょう。また賃貸であるため、会社の資産にならない点もデメリットの一つです。他にも会社の事業が軌道に乗って順調に成長した場合、より大きなオフィスへの移転を検討する可能性があります。そのような時に移転に関する様々な手続きや費用が発生するなど、手間やコストがかかってしまいます。さらに世の中の経済状況によっては、賃貸料金が突然値上がりする可能性もゼロではありません。賃貸オフィスを選ぶ際は、メリットだけでなくデメリットな部分も把握しておく事も大切です。働く人の人数や用意できる資金、オフィスをどのように利用したいのかといった事を明確にしておくと、後悔のないオフィス選びができるでしょう。

中央区で賃貸オフィスを借りる際、オフィスの仕様や立地をチェックします。最寄駅からのアクセスや従業員数に適した広さのオフィスを選択します。フロア単位や一棟単位で契約することが出来ます。