知っているのと知らないのでは大違い!北海道で賃貸物件を探す際のポイントとは


冬の北海道は毎日が雪との闘い

雄大な風景とグルメで人気の北海道。常に住みたい県の上位にランクインしているため、一度観光に訪れると「このまま住みたい」と思う方も少なくありません。しかし、ちょっと待ってください。確かに観光シーズンの4月~11月くらいまでは快適に生活できますが、残りの12月~3月は風景が一転するほどの豪雪地帯となることを忘れていませんか?

北海道で賃貸物件を探す際に重要な2つのポイント

北海道で賃貸物件を探す場合には、「一戸建てから集合住宅か」「主要道路沿いかどうか」の2つが重要なポイントです。北海道は首都圏に比べて賃貸料が安く、条件によっては一戸建てでも格安で借りることができます。一戸建ては集合住宅に比べて広いことや、近隣に対する騒音の心配が少ないことが魅力ですが、冬の間は玄関先を毎日除雪しなければなりません。一日1回くらいならいい運動、と思うかもしれませんが、雪は意外と重く、降雪量が多いと一日に2度3度と除雪することもあります。その点、アパートやマンションのような集合住宅であれば、住人による交代制や管理会社が除雪してくれるなど、除雪にかける時間と体力を大きく軽減することができます。また「主要道路沿いかどうか」ですが、大雪が降った早朝は除雪車が出動するため通勤・通学に不便はないものの、どうしても車が通行する主要道路が優先になります。そのため、奥まった場所に家がある場合は除雪が遅くなるので主要道路に出るまでが大変で、車を使いたくても動かせない場合もあります。

築年数や外観ばかり重視しないで!

長く住む家ですから、広さや機能、外観はもちろん重要なポイントです。しかし、そればかりでは後々大変になることもあるので、後から後悔しないように、ここに挙げた2点も含めて検討することが大切です。

札幌中央区の賃貸は他の地域に比べて割高ですが、JRの駅周辺の方が多少ではありますが家賃が安い傾向にあるでしょう。