賃貸住宅には単身者向けとファミリー向けの2種類がある


賃貸住宅の特性を知ろう

賃貸住宅には単身者向けとファミリー向けの2種類があります。単身者向けの特徴はワンルームや1kがメインですが、1LDKなどの広めの物件も増加しています。家賃は5万円前後が多く、地方都市では2万円などの安い物件も存在しています。単身者向けのもう一つの特徴は、駅から比較的近くにあるという事です。単身者向けの住宅は駅から徒歩10分圏内に多く、10分を超えると少なくなる傾向にあります。

そしてもう一つはファミリー向けの物件です。2LDKや3LDKなどの間取りが多いです。昔は2DKや3DKなどリビングがない物件が多いのが特徴でした。このような古いファミリー向け物件は、比較的安い家賃で借りることも出来ます。ファミリー向けの物件は単身者向けに比べて、駅から離れた場所に建っていることが多いです。

ファミリー向けならば戸建賃貸もある

ファミリー向けの物件はアパートやマンションだけではありません。中には戸建賃貸住宅というものもあります。戸建賃貸住宅のメリットはアパートやマンションと違い庭があるという事です。他にも、隣りの住戸との騒音問題が発生しにくいという事があります。鉄筋コンクリート造りや、重量鉄骨造りのマンションであれば騒音問題は起きにくい傾向ですが、木造のアパートで、さらに築古の物件であれば騒音トラブルは起こりがちです。戸建賃貸住宅ではそれを防ぐことが出来るのです。ファミリー向けの物件を探すのであれば、騒音が響かないようなマンションであったり、戸建賃貸住宅を探すのがベストかもしれません。

北見の賃貸マンションには、新築物件があります。まだ完成していない物件もありますので、入居開始時期を確認する必要があります。